これだけは押さえておこう!FXを始める際の注意点

まずFXの仕組みとリスクを理解しておこう

FXは「外国為替証拠金取引」と呼ばれますが、要は外国の通貨を売買して決済し、その差額で利益や損失を出す金融取引のことです。このFXでの利殖を夢見て始めてみようと考えている人も多くいるかもしれませんが、まずFXを始める前にその仕組みを理解しておく必要があります。知っておくべき点は多々ありますが、特にレバレッジについては損失額と大きく関わってくるために十分理解しておきましょう。自分が委託証拠金と比較して、どの程度の規模の取引をしているのかを把握できるくらいのことは最低できるようになってから、実際の取引を行うようにしましょう。

FX口座は複数開設しても良い

FXを始める際に気をつけるのが、手数料でしょう。この手数料の多寡に関してはFXの取り扱い業者で千差万別ありますが、昨今では「手数料0円」を謳った業者も少なくなく、手数料の観点からはどの業者で口座を開設して良いのかわかりにくくなっています。そのような場合は、まず気になった業者全てで口座を開設してしまえば良いのです。基本的にどの業者も口座の開設と維持にはコストがかかりません。開設した口座の中から、実際に使ってみて使い勝手の良い口座で取引するようにすれば良いのです。

FX初心者の盲点、スプレッドには注意しておく

手数料とは別に、FXを売買する際にはスプレッドという売値と買値の差があります。このスプレッドが手数料0円にしている業者の実質的な手数料となるのですが、この独特のシステムはFX初心者には理解しづらく、全く把握できていない場合があります。こうした状況下で取引を行うと、小利は抜けたがスプレッドによって結果損失が出てしまったという事態に陥ってしまうこともあります。このスプレッドもしっかり考慮に入れた上で、口座を開設する業者を選定するようにしましょう。

FX取引においては、自分の裁量で取引を行う以外に、自動売買プログラムを利用して売買ができるシステムもあります。