いじめなどで学校を辞めてしまった子へ|通信制高校のメリット

いじめで自殺してしまう人

現在日本の自殺者数はなんと3万人!!戦争でも起きてるのかとおもってしまうようなくらいの人数が自殺で死んでいます。原因としては学校や職場などでいじめられるなどして、将来の不安を感じるなどが多いようです。またそれに関連してうつ病などの人数も現在は非常に多いです。普通の学校は狭い教室に30人から40人という大人数も詰め込んでいます。学校は世間のはじまりで、弱いものを見たらいじめたくなるもの。でもそんなことに悩まされない学校の形態が通信制高校なのです。

通信制高校ってどんなの?

通信制学高校は全日制の学校とは違い、毎日登校する必要はありません。主には自宅でレポートなどをやりそれを提出する。それだけではなく、試験を受けて単位を取得したり、面接(スクーリング)というものを受ける必要があります。通信制高校は中学生時代にいじめや病気で学校についていけなかった人が来たり、そのような生徒が転校してくるパターンが多いです。なのでそのような理解をしっかりしていて対応してくれる教師がいっぱいいるので安心できます。

進路って大丈夫なの?

通信制高校はスクーリングなどの必要もありますが、基本的には自宅学習が基本です。そして余った時間は、大学受験のために受験勉強をしたり、進路に必要なお金のためにアルバイトをしたり、大学受験や就職の話のネタのになるような行為(旅など)ができます。全日制高校では基本的に学校に拘束される時間が長いので、できないことだらけ。でも通信制高校なら好きな勉強をしたりできるので、もしかしたら全日制高校よりも有利かもしれません。

通信制高校は、学校に行く日数を自分で選べ、レポートや試験をパソコンやスマートフォン等で行う新しい学校です。高校の授業以外に、将来のやりたいことを学べるカリキュラムを用意している学校もあります。