貯金を増やして貯め体質になる方法について

貯金の第一歩は家計の把握です

貯金したいと思った場合まずは月にいくらを貯金するのかを考える人がいますが、一番最初にやる事は家計の見直しです。特に共働きの場合お互いの収入は何となく知っていても、相手の支出を知らないなんて事が多々あります。なのでまずはどの家庭でも家族全員の収入、支出をしっかりと把握する事が大切です。全員で把握すると案外無駄が多くて少し意識するだけで、結果当初の貯金希望額より多くの貯金が可能だったというケースは多い物です。

無理なく貯金する為には

全員で把握したら、その後も把握し続ける事ができる様なシステムを作ると良いです。なぜなら貯金は基本的に今後ずっとする物なので、今は良くても後は赤字なんて事を避ける為です。具体的には家族の収入を一つの通帳にまとめて、そこから生活費、おこずかい等をその都度払う様にすると把握しやすい上に節約にもなります。もし全て把握されるのが嫌という人の場合、毎月の収入は家族あわせてでもボーナスは自由に等少し余裕を持たせると家族仲を壊さずに貯金できます。

金融機関に相談すると良いです

毎月の貯金額が決まったら、すぐに毎月決まった額を自動で貯金にまわしてくれる定期預金にすると良いです。中には金利が安いと言う人がいますが、タンス貯金よりは良いし金融機関によっては契約時のプレゼントもあります。また最近は住宅の為の貯金、保険が伴う貯金、投資信託等もあるので、定期預金に余裕ができたらもう一つ預金口座を増やすと良いです。その為には金融機関で定期の相談を無料でのってくれるので、上手に利用すると良いです。

お金を増やすための資産運用にはメリットとデメリット、またリスク等がありますので、どういったものなのか理解してから始めましょう。