賢い資産運用を知ってもしもの時に備えよう

資産運用とはなにか知ろう

資産運用と聞くと金や株などを買うことを思い浮かべることが多いですが、銀行に預金をすることも立派な資産運用です。しかし、数千万円のお金を銀行に預けていても、銀行が倒産してしまった場合は一部しか保障されません。銀行によって保障金額が異なりますが、多くの銀行で1000万円まで保障されます。1000万円以上の資産を持っていた場合はどのような資産運用が安全かを知ってリスクを避けながら運用する必要があります。

国内の銀行以外で資産運用するメリット

預貯金を日本国内の銀行に預けず海外の銀行に預ける人がいます。こうすることのメリットは日本より利子が高い点です。日本は不況のため利子が0.1%にもならない銀行がほとんどですが、海外には5%から7%の利子が普通預金でつく国もあります。しかし、海外に預貯金を預けて資産を増やすためには、銀行の金利と為替レートの2つを見る必要があるため、経済の勉強をしたことがないような人には少々ハードルが高いといえるでしょう。

資産をもので管理するメリット

資産運用はもので行うことも可能です。代表的な方法として金や国債を買うことが考えられます。もので管理するメリットとして比較的簡単に始められること、目に見える形で保管するため安心感があります。しかし、一定期間は換金できないといった規定や安い時に手放してしまうと、元本割れといって損をしてしまうこともあります。そのため、専門家とともに資産運用をしていく必要があります。債券は満期まで保持して換金すると普通預金より多くの利子を受け取ることができます。

ガソリンの先物の価格は、個人投資家はもちろん、一般の消費者に取っても注目すべきテーマとして取り扱われています。